簿記の試験を受けるために

いろいろなジャンルから重宝される簿記資格は、多くの方が一度はチャレンジする資格としても有名です。また、日本ではもっとも人気の高い資格としても知られています。
いきなり簿記の試験を受けても、全く試験問題が分からないという方も多いようですが、ある程度、社会経験を積まれた社会人であれば、問題の意味を理解できたり、仕分けぐらいはできるといった方も少なくないようです。
それほど簿記とは会社における基本知識でもあり、会社の経営状況を知っておく上で必要となる資格になります。最近は経理だけで評価されるのではなく、営業や製造、企画といった売上管理が必要な部署からも、大変重宝されている資格になります。
簿記は1級から3級までのレベルが用意されており、まず力試しとして試験を受けるには、簿記3級が一番向いているといえるでしょう。試験の日程は毎年、2月と6月、11月に開催されています。ただし1級の場合は、2月は実施されておらず、年2回の試験日程となります。2級と3級は年3回実施されています。
簿記3級のレベルとしては、商店や中小企業の経理レベルと言われており、経理関連書類の読み取りができる程度と言われています。決算書などの数字から、自社だけでなく、取引先の経営状況までもが理解できるレベルとされています。
合格率はおよそ40パーセントと言われており、それほど難易度の高くない試験としてしられています。合格基準は70パーセントとなっていますが、試験が行われる年によっては、問題の内容によって、合格率の変動があります。